Madio 古文書セミナ
 
 
 
着物でホスピタリティ
人形町私塾
女性いきいき塾
古文書セミナ 入門
イタリアを愉しむ
オリーブオイル販売
特定商取引法による表記 
佐渡能舞台
ワインの愉しみ
プレスリリース
ブログ・人は見たものしか信じない
株式会社マディオ
千葉市中央区長洲1-10-13

office@madio.jp
 
 

2019年古文書セミナ、【井原西鶴『好色五人女』(こうしょくごにんおんな)を読む】
 
NEW冬期講座・受付中 
1/9、2/13、3/6 (全3回)
水曜日
 19時-21時
夜間コース

見学コース(初回に限り無料)、一月に一回のコースから、参加できます。

◆受講の手引き


本講座では、江戸時代前期の代表的な作家である井原西鶴(いはらさいかく)の『好色五人女』(貞享3年[1686]刊)をとりあげます。

西鶴は芭蕉と同時期に俳諧師として活躍し、40歳を過ぎてから『好色一代男』や『日本永代蔵』などの浮世草子作品を世に送り出しました。

『好色五人女』は17世紀に実際に起きた5つの恋愛事件を各5巻に配したもので、登場人物たちの愛欲をめぐる心情や行動はもちろん、江戸時代前期の社会・風俗についても、くずし字を読み解きながら楽しんでください。

今回は、江戸を舞台とした巻4「恋草からげし八百屋物語」(“八百屋お七”の話)から読み進めます。


講師 杉本 和寛(すぎもと かずひろ)先生
東京藝術大学音楽学部教授。専門は江戸時代前期の小説、西鶴・浮世草子など。


会場: 人形町セミナルーム  都営浅草線、日比谷線人形町下車5分
住所: 東京都中央区日本橋人形町2-9-5 NSビル1階
問合せ先: 
email: office@madio.jp
電話 043-222-0179 株式会社マディオ
開場: 18:30受付開始  19:00スタート

 
 
2019 年間テーマ【文学からみた江戸の古文書】
 

古文書セミナ、【井原西鶴『好色五人女』を読む】は どの回からでも参加できます。他の講座も複数受講できます。

講座(全3回) 水曜日 19時から21時
2019年 1月 9日(水)
2019年 2月13日(水)
2019年 3月 6日(水)

入会金:      10,000円
受講料: (3回分) 12,000円

受講料は、テキスト代、資料代、和菓子代を含みます。なお途中からの参加は一回4,000円で計算し、回数分の料金になります。

受講ご希望の方はご住所、氏名、電話番号を明記の上、メイルかFAXでお申し込みください。
email: office@madio.jp
FAX:  043-221-8083
受講料は講座の一週間前までにお振込ください、振込費用はお客さまご負担でお願いいたします

【振込先】
三井住友銀行麻布支店 普 0947362 株式会社マディオ
または、郵便振替 00110-1-372557 株式会社マディオ

   

    こんな方にお薦めです
  • 愉しく古文書を学びたい
  • 江戸の文学を古文書から学ぶ
  • 少人数でゆったりと学びたい(定員16名)
 


今期の学習目標
  • 古文書の中によく出てくる基本的なくずし字が読めるようになる
  • 江戸のさまざまな職業や階層の人々の暮らしを知る
  • 江戸の遊び心に触れて、江戸の生活を知る
   
 
 

Privacy PolicyContact UsAbout Madio
Copyright (C) 2018 Madio Corp. All Rights Reser